出生前診断についての議論が盛んになっています。 | 我的トレンド速報(´・ω・`)b

出生前診断についての議論が盛んになっています。

ダウンロード (2)

もし、妊娠中の妊婦がこの検査を受けた上で、「ある可能性」を告げられた場合、妊婦やその家族はどういった判断を下すのだろうか。

場合によっては「中絶」という選択肢を取る場合もあるのではないだろうか。

中絶の助長になれば、出生前診断については、正直問題は大きくなる。

だからといって、出生前診断をなくすという事をすればこれもまた問題である。

例えば、現在、障害のある子供を育てるという人たちだ。

障害がある子供を1人育てることは可能であっても、いろんな理由から2人は無理だと感じている人たちだ。

そういった人たちにとっては、出生前診断は有効な診断方法の1つとも言える。

今後の課題としては、この検査がある程度費用を払えば出来る検査とするのではなく、一定の規定を設け、カウンセリングなどをした上で診断をするか否かを決めていく必要があるだろう。

出生前診断とは、決して気軽な診断というふうになってはならない。

とても重い決断であるという事を理解した上で確率されなければならない。

もし、出生前診断を行った場合、結果によっては妊婦には多大なるショックとストレスがかかる。

また、妊婦を取り巻く家族に対してもフォロー体制派必要となる。

妊婦が抱える大きなショックをフォローできる体制なども確立していくのが急務と言える。



もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » 我的トレンド速報(´・ω・`)b

この記事へのコメント

我的トレンド速報(´・ω・`)b TOP » 社会 » 出生前診断についての議論が盛んになっています。